東京生活1年4ヶ月

奈良の田舎から、東京に来て1年4ヶ月

大都会東京の生活は私にとって刺激でもあり、孤独でもあり、静寂の時間でもあり

結論としては、来てよかった。

息子夫婦に双子が誕生するとなって、なんの迷いも無く東京行きを決め

当時鍼灸3年で、卒業したら鍼灸院を開業するつもりだったけど、

とにかく東京での生活基盤を作るため

長年やってきた医療事務で仕事をソッコーで決めて(56歳で就職できたって、なんてラッキー)

これまたラッキーなことに在宅勤務になって、東京から奈良に帰った時もいつも通り仕事ができて

こっちに来て良いことが続いたような気がする。

収入も上がったし。

そういう意味では、東京は私にとってラッキースポットなのかも。

 

そんな東京生活もあと4ヶ月。

11月からはマレーシア・クアラルンプールでの仕事のため

東京⇆クアラルンプール⇆奈良

トリプルバージョンになる。

いつまで医療事務やってんだ?という焦りを常に感じながら

ここ(東京)に居るのはちょっとしんどかった。

「いつやる?」「いつまでこのまま?」

そんな心の声を、ずっと聴き続けた1年4ヶ月。

このしんどさから解放されるには、一歩踏み出す以外にないわ!と飛び込んだクアラルンプール行き。

 

息子夫婦には、孫のお世話出来なくなって本当に申し訳ない気持ちだけど

お母さんの挑戦する姿を見て、自分たちも頑張ろうと思ってくれたらいいかな。

2ヶ月ごとには日本に帰るから、その時にたっぷり孫のお世話をするつもり。

 

あと4ヶ月。

想い出をいっぱい作ろう。

1年4ヶ月の空白を4ヶ月で埋めようとする、57歳真夏。