国家試験、終わりました。

鍼灸の国家試験は先月28日に終わりました。

長かった専門学校3年間。

1年生の時は、実技試験がめちゃくちゃ厳しくてしんどかった。

2年生から通学に1時間かかって、帰宅後は何にも出来ないくらいに体力的にしんどかった。

3年生になった途端にコロナ。

コロナだからしんどい、というのはなかったけど、後半の半年は、勉強の追い込みが半端なく、誰でもそうだと思うけど、精神的にしんどかった。

 

試験の結果は、自己採点では合格!

マークミスさえしていなければ、晴れて鍼灸師です。

鍼灸師になったら、普通は鍼灸院で働くのでしょうが

私の場合は歳が歳なので、前職と同じ仕事に就きつつ、

鍼灸の勉強会に出席しながら、

NADA JAPANの活動を進めることを1番にやっていこうと思ってます。

あとは、来年、大学院に行きたいので、その準備もしなきゃ。

それと、このブログももうちょっと更新頻度を上げていこうと思います。

1年以内には、NADA JAPANのYoutubeチャンネルにも活動記録をアップしていけるようにしたし、できれば私のYoutubeチャンネルも作りたいな。

 

春は希望でいっぱいですね。

56歳でも希望を持って生きていけるって、それだけで幸せなんだなと思います。