カナダ大麻合法化について思うこと

10月17日から、G7では初めて、世界で2カ国目

カナダが全国規模でマリファナ(大麻)が合法化される国となりました。

日本ではちょっと考えられないことです。

日本では、大麻を

所持

譲渡

譲受

栽培

することが禁止されています。(使用は禁止ではないんです。)

個人使用目的での栽培・輸出入の場合は、7年以下の懲役

個人使用目的での所持・譲渡・譲受の場合は、5年以下の懲役

カナダでも、規制範囲は州や市によって、自治体レベルでも異なるため、いったいどこまでが合法で誰が対象なのか、混乱が生じているようです。

連邦法はマリファナを合法的に購入できるのは18歳以上と定める一方、ブリティッシュコロンビア州のように19歳に引き上げている州もあります。

ケベック州では、新政権が法定年齢を21歳に引き上げる計画を示唆し、自宅栽培に関しては、マニトバ州同様禁じられています。また、タバコの喫煙が禁止されている場所を除き、公共の場での服用が法的に認められています。

各州がある一定の規制を設けているように、各市も独自の条例を定め、中には全市域で公共での服用を禁じているところもあり。つまり、自宅で吸うのはいいけれど、公共では吸えない、ということです。

ちなみに、モントリオール市公共の場での服用を全面禁止としています。

ブリティッシュコロンビア州とケベック州ではSQDCのサイト経由でのオンライン通販を認めていますが、カナダ国内配送のみ。

こうして見ると、「全面的にいつでもどこでもOKということでは決してない!」ということがわかります。

今、私たちが考えなくてはいけないのは「カナダはなぜ、合法化に踏み切ったのか?」ということ。

厳罰化による弊害の方が大きい、という消極的な判断なのか?

合法化による明らかなメリットを期待してのことなのか?

私がちょっと、ん?と思うのは「公共の場での服用禁止」ってなんでだろ?

お酒だったら、「家飲みはいいけど、外では飲んだらダメ!居酒屋もダメ!」ってことですよね。

ちょっと不思議。。。