Tanaka Isson

昨日は滋賀にある佐川美術館へ行ってきました。

ずっと見たかった、田中一村

奄美大島で描いた絵が有名ですね。

日本画のような、西洋画のような、独特の世界

私は一村の描く鳥が大好き。

翡翠(カワセミ)

赤翡翠(アカショウビン)

展覧会を見て感じるのは、

絵描きというのは描かずにはいられないという

普遍のパッションを持っているんだな、ということ。

私も絵を描くのが好きで、まあまあ描けるけど

常に描いていたい、描かずにはいられない

と言う情熱は持ち合わせていない。

それが、ただのお絵かき好きと

芸術家の違いなんだろう。

不遇であればあるほど、その情熱が増す、ということもあり

そこから生まれる物語に人は惹きつけられる。

・・・・・・

で、自分へのお土産

お部屋に飾ろう。

佐川美術館の地下も良かった。

こんなBARがあったらいいのにな。