引き締まった体作りには運動! まずは土台作りから

ダイエットで大事な要素は

食事8:運動2

と言われています。

 

食生活の改善無くして、ダイエットの成功はないのですが

食事だけで理想の「体型」になれる、というわけではありません。

 

女性の体型の悩みで多いのは

1.お腹のたるみ

2.下半身太り

3.二の腕のタプタプ

ですが

 

例えば、お腹。

食事を改善してお腹周りがスッキリしても

キュッと引き締まった、くびれのあるウェストにはなりません。

若い人なら痩せるだけで引き締まって見えますが

40〜50代では、それは無理。

やっぱり運動を定期的にしなければ

「ただの痩せた人」になってしまいます。

 

では、どんな運動をしたらいいのか?

 

まず、取り組むべきは

土台作りから。

 

土台作り=つま先&踵の運動です。

 

土台ができていない状態でどんな運動をしても

思ったような効果は出ないと考えていいでしょう。

なぜなら、土台がしっかりしていないと、

その上の骨格や筋肉が正しい位置をキープできないからです。

 

この、つま先&踵の運動は、とても簡単ですので

ぜひ、今日から始めてみてください。

 

★つま先&踵の運動

①鏡の前に立ち、両足を骨盤幅に開く。つま先はまっすぐ前に。

②母趾球に体重をかけるイメージでゆっくりとつま先立ちになる。この時、つま先から足全体がまっすぐのままになるように意識する。

↑母趾球はここ

③つま先立ちで3秒キープ。

④ゆっくりと踵を下ろしていく。この時、重心は踵の真ん中に置く。

⑤踵を下ろし切ったら、次は踵立ちになるようにつま先を挙げる。この時、足の指を天井に向けてぐいーっと挙げることと、お尻をキュッと閉めて、できるだけ体をまっすぐキープして、前かがみにならないように気をつけます。

 

①から⑤を繰り返します。10〜15回を1セットで、1日3セットぐらい。慣れないうちはどこかにつかまって行うのがいいです。

立ってするのが難しい場合は、座ったままでもオッケーです。

 

オフィスワークで座っていることが多い人は、お手洗いに行ったタイミングとか

主婦の方なら台所仕事の時とか、

場所も時間も選ばないので、スキマ時間にやってみてください。

 

この運動を難なくできるようになれば

扁平足が改善され、

足首がキュッと締まり

お尻も小さくなりますよ♪